• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.03.14 トリーター:倉形

2015/03/14 ペンギンたちの食事

フンボルトペンギンの給餌
フンボルトペンギンの給餌

当館のフンボルトペンギンたちの給餌は、午前午後の一日2回行っています。
午前の給餌時間はプールや陸場の掃除後で、午後は閉館1時間前ぐらいのタイミングで行っています。給餌時は、ショーのための再トレーニングを行ったり、また新たな遊びを行ったりする時間となります。

ただ、午前の給餌時は1回目のショーを控えており、ショー参加の主力メンバーはトレーニングに集中するあまりに魚をたくさん与えては後のショーに差し支えるので、ある程度抑えて給餌を行っています。
午後の給餌時間は、ショーも終わり翌朝まで魚が貰えないので午前よりも多く魚を貰えますが・・・。
健康管理の一環で定期的に体重測定も行っているので、体重の増減を見て判断し、それぞれのペンギンの様子も見ながら給餌量を決めています。

毎回、給餌時間になるとペンギンたちの行列が発生します。我先に魚を貰いたいと行列中に小競り合いが勃発します。
こちらとしては、ちゃんと一羽一羽に手渡しであげるから「待ってて!」と言葉にしても、彼らには通用しません。中には、その小競り合いに巻き込まれないように、ほぼみんなが食べ終わったのを見計らってやって来るペンギンたちもいます。

給餌時、ペンギンたちを間近に見ていると魚の食べ方ひとつにしても本当に一羽一羽それぞれ個性があることが良く分かります。ぜひ一度みなさんもペンギンたちの食事風景を観察しに来てください。
きっと、みなさんのお気に入りのペンギンが見つかると思いますよ。

ペンギン・アザラシ


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!