• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.07.22 トリーター:加登岡

2015/07/22 新たな取り組み 2

体温測定中
体温測定中

前回のトリーター日誌(2015/06/04 新たな取り組み)で、ミューと新たなトレーニングとして胃液の採取のトレーニングをしていると書きました。実は同時に違うことも始めていました。それが採尿のトレーニングです。

どのように採尿をするかと言うと、えのすいでは陸場へ横向きでイルカに上がってもらい、膀胱がある周辺を手で押す、圧迫刺激で尿が出るようにトレーニングしています。
今回私が担当しているミューですが、飼育しているプールが繁殖用のプールであるために陸場がありません。そこで尾ビレを持って水面に浮いている状態で膀胱を圧迫することにしました。しかし、当然のことながら水の上ですので、陸場に比べて力が伝わりにくいです。

そしてこのトレーニングの難しい所がもう一つ。それは、尿が出るかどうかは運次第ということです。
膀胱を押したからといってイルカにとっては何のことだか分かりません。さらにはトレーニングをする前に排尿していたら、出てくる尿がありません。

ではどのようにして採尿が出来るようになるかというと、膀胱を圧迫して刺激した時にたまたま尿がでたら、いっぱい魚をあげて褒めるのです。
これを繰り返します。
運と地道なトレーニングが必要となるのです。
初めは何で魚がもらえたのかわからなくても、尿が出たときにたくさん魚をあげるのを繰り返すことで、尿が出たときに魚がもらえることを学習し、採尿が出来るようになります。

胃液の採取は定期的に出来るようになりましたが、採尿はまだ一度もできていません。採尿が出来るようになるまでにはまだまだ時間が掛かりそうです。

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!