• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.04.14 トリーター:羽田

2017/04/14 ビーナの健康管理


私のパートナーは、私より大先輩です。
大きなからだとゆっくりとした動き、そして時々見せてくれる大量の水しぶきをあげる一瞬時が止まるようなかっこいいジャンプ。

そう、それがハナゴンドウの「ビーナ」です。

今年の1月19日でビーナがえのすいに来てから29年、日数だと本日で10678日が経ちました。えのすいで生活しているイルカ・クジラの中では二番目に長生きです(ちなみに一番はカマイルカのクロスで、今年で飼育暦39年)。
えのすいで以前飼育していたハナゴンドウの「ヨン」は飼育年数42年と5ヶ月、日数だと15515日の飼育記録で、これは現在でも世界最高記録です。

ビーナにもクロスやヨンみたいにもっともっと長生きしてもらいたいので、日々の健康管理をとても大切にしています。
以前は他のイルカと喧嘩をして機嫌が悪くなった時、体温測定や採血といった日々の健康管理を行わせてくれないことがありました。
なんで喧嘩をすると体温測定が出来ないの?
と思う方もいるかもしれませんが、イルカの体温を測ったり採血をする際には、トレーナーが尾鰭を持った状態でじっとしていないといけないのです。
ということは、ビーナはまったく動けない状態。
動けない状態の時に、さっき喧嘩したイルカが来たら逃げられない。
どうしよう。
と、不安になるんだと思っています。

なので、検温や採血のトレーニングをすることはもちろんですが、他のイルカたちと仲良くするトレーニングも僕たちは行っています。
そのおかげで、現在は他のイルカたちと同じように一日二回の体温測定と、月に一回の採血に協力してくれています。

ビーナが様々な検査を嫌な思いをせずに協力してくれるよう、これからもトレーニングしていきます!
まだビーナに会ったことのない方も、一目見たら虜になること間違いないので、是非会いに来てください!!!

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!