• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.02.14 トリーター:小森

2020/02/14 ミサキは3歳! ヨモギは何歳?

↑ミサキ
↑ミサキ

2月7日は「ミサキ」の3歳の誕生日でした! 私が「ミサキ」と出会ったのは1歳になったばかりの頃。もう3歳というのが信じられません。上の写真は来たばかりの頃の「ミサキ」ですが、なんとなく顔が幼いうえに「オモチ」にそっくり!


↑オモチ

出会った頃から甘えん坊で、母にはなりましたがそれでも基本的な性格は変わりません。“えのすい”に来る前にいたみさき公園でとても愛されて育ったんだなぁと感じます。うちでも負けずに愛していますが!!!
そして、「ミサキ」はジャ○アニズム精神の持ち主。お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの。まさしくこれです。自分の子どもだろうが旦那だろうが、自分が欲しければ容赦なく張り倒して奪っていきます。
例えば。下の3枚は左が「ミサキ」、真ん中が「サクラ」、右が「カシワ」です。「サクラ」は蛇口ハンドルで遊び、「カシワ」は塩ビパイプで遊んでいます。それをじっと見つめる「ミサキ」。




!!!!
蛇口ハンドルと塩ビパイプ両方取った!!!! なんとも困った母ちゃんです。

そして、慎重派。何かトレーニングを行うとカワウソは大体半年ほどでうまくいくことが多いです。しかし、「ミサキ」は1年経ってもなかなか警戒を解かないこともあります。甘えん坊でわがままで慎重派な「ミサキ」。これからも成長を見守っていきたいです。


さて、「ミサキ」といえばラブラブ?な旦那さまを忘れてはいけません。そう、「ヨモギ」です。


「ヨモギ」は何歳だと思いますか?
今年で恐らく12歳です。なぜ「恐らく」なのか。実は、はっきりとした誕生日がわからないのです。
「ヨモギ」はもともとチェコにいた個体なのですが、そこでどう生まれてどう育ってきたのか…。日本では近親交配などを防ぎ血統を適正に保つために血統管理を行なっているのですが、それを見ると「ヨモギ」の生まれ年は2009年+。
この2009年+というのは、2009年の±2~3年内に出生していることを示します。
と、いうことは…? 一応日本では2008年生まれとして生きてきた「ヨモギ」ですが、実は14歳の可能性もあれば、8歳の可能性もあるという…!「ヨモギ」、君は本当は何歳なの…???


年齢不詳な「ヨモギ」ですが、えのすいでは「ミサキ」とともに年齢を重ねているので、2月7日に12歳になっています。「ヨモギ」も「ミサキ」もおめでとう! プレゼント、用意してなかった! ごめん!
これからも2頭とも元気で、ラブラブでいてね!

カワウソ~木漏れ日のオアシス~


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!