2021年03月09日

2021/03/09 相模湾鯨類調査

  • 期間:2021年3月9日(火)
  • 場所:静岡県富戸沖(相模湾)
  • 目的:相模湾、東京湾に生息する鯨類種特定に関する研究
  • 担当:櫻木


みなさま、こんにちは。
世の中はまだ緊急事態宣言で慌ただしい中、フィールド調査チームも活動を止める訳にはいかないと、三密に気をつけ、相模湾に鯨類を探しに行ってまいりました。

今回は大下、鷲見、花上、櫻木の 4名にて、静岡県は富戸の漁船「光海丸」さんに乗船。「光海丸」さんは、“えのすい”の魚類を担当するトリーターたちが魚の入手でお世話になっている方で、今回は鯨類目視調査のために特別に船をチャーターさせていただきました。

当日の天候は曇り時々晴、風はやや強く、沖合の波は2m。
目視調査の環境としては悪いとも言える状況も出航できるとのことでしたので、いざ相模湾へ。
調査した海域は数日前にカマイルカの群れが目撃されており、私たち 4名と船長が四方に目を向けます。
漁船からの目視は高い位置から見下ろすことが難しく、速く走ってしまうと鯨類を見逃してしまいやすいため、6ノット(時速/約 11km)で進みます。
そこに 2mの波がくると上下左右に揺れて船上はちょっとしたアトラクション状態に。
その中で時に双眼鏡を覗き、水面に目を配りますが、なかなか生物を捉えることができません。


はじめに確認できた生物は海鳥たち。荒ぶる波も気にせず水面を器用に飛んでいました。
「光海丸」さんの話によるとカマイルカの群れには鳥がつき、ハナゴンドウの群れには鳥はつかないのだとか。
種類による習性の違いなのか動物同士の相性なのか、その理由は分かりませんが、海鳥を追えばカマイルカの群れがいるかもしれないと、探し続けて5時間半。
しかし、今回は発見には至りませんでした。残念です。

ただし、嬉しかったことは海洋汚染の原因となっている漂流ゴミも確認しなかったこと。夏には多く見られた漂流ゴミ、季節や海流の変化によってなのか、この時期も漂流ゴミがないわけではありませんが、確認できなかったことは喜ばしいことです。

次回こそは鯨類を発見し、ゴミは引き続き未発見としたいものです。


航路


富戸漁港

バックナンバー
2020/01/16 相模湾鯨類調査
2020/02/01 相模湾鯨類調査]

RSS