• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2016.09.06 トリーター:加登岡

2016/09/06 胃液採取


ミューの健康管理の一環として胃液の採取を行っています。方法は、口からチューブを1.0m近く入れて、シリンジで吸い取るという方法です。
昨年の6月4日に書いたトリーター日誌でミューとの新たな取り組みとして紹介しましたが、一年が経ちだいぶ落ち着いて入れられるようになりました。チューブも1.0mはおろか1.5m近く入れられます。
[ 2015/06/04 新たな取り組み ]

しかし、トレーニングでは全然平気なのに、本番になると力んでしまい、なかなかチューブを上手く入れることが出来ません。
本番が難しいのには理由があります。それは魚をもらえていないからです。

どういうことかというと、胃液を採取して検査する時には、胃の中に食べ物が何もない状態の時に採取しなければなりません。
トレーニングの時などでは事前に何かしらで魚をもらえています。しかし、本番では事前に魚をあげることが出来ないので、ミューも「まだ何も食べてないのにチューブ入れるの」っという感じで力んでしまうのです。魚をもらっているか、いないかで反応が全然違うのです。

もちろん胃液が採取できた後にはたくさん魚をあげて褒めています。「後でいっぱい魚をあげるから」と言葉が伝わればどれだけ楽なことかと思ってしまうこともありますが、そうは言っていられません。胃液採取がさらに安定して行えるように今後もミューと一緒にトレーニングに励んでいきます。
また、この胃液の採取のトレーニングの延長としてあることにも挑戦しています。それについてはまた次の機会にご紹介致します。

イルカショースタジアム





見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!