• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.02.10 トリーター:加登岡

2017/02/10 ミューその後


今日は寒い一日でしたね。江の島でも雪が降りました。そんな中でもトリーターは水の中に飛び込みます。
水温が19.0℃、気温が4.0℃なので、プールから湯気が立っています。
飛び込んだ時は暖かいと錯覚してしまいましたが、お湯ではなく水です。
プールから出てしまうと流石に寒かったです。

昨年の9月のトリーター日誌で、バンドウイルカ「ミュー」の胃液の採取のトレーニングの話を書きました。 [2016/09/06 胃液採取
そのトレーニングの延長としてあることをしているとも書いたのですが、そのあることについて今回書きます。

あることとは口の中に手を入れることです。
ただ手を入れるのでなく、喉奥まで手を入れます。
海を仕切ってイルカを飼育している水族館では良く行われている事です。
なぜかというと、海では外から飼育場所にゴミなどが漂ってきてしまい、それを誤って飲み込んでしまうため、手を喉奥に入れて回収するのです。

当館のようにプールで飼育されている場合は風でゴミが飛んでこない限りは誤飲してしまうことはありません。そして、当館のイルカはゴミを見つけると持ってきてくれます。
しかし、100%飲み込んでいないわけではありません。明らかに一度飲み込んで、吐き出したであろうゴミを持ってくることもあります。
そこで万が一に備えてトレーニングを開始しました。

胃液採取で使用するチューブよりも手の方が明らかに太いです。そのため嫌がってしまわないように注意が必要でした。
最初は喉元を絞めてなかなか手を入れることが出来ませんでした。しかし、指1本から入るようになり、徐々に指5本分、手首まで、腕までと入れることができるようになりました。今では肘まで入れられるようになりました。


このトレーニングを始めてからまだゴミを飲んでいる形跡はありませんが、喉奥から葉っぱ等は回収することができています。
手を入れられることを楽しんでいるイルカもいると聞くので、「ミュー」もそうなってくれればいいなと思いながらトレーニングを続けています。

PS.「ミュー」親子の写真がえのすいのカレンダーに使われました。
「ルイ」、「サワ」親子を抑えての起用です。ついに念願が叶いました。
今年も「ミュー」押しでどんどんアピールしていきたいと思います。


イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!