• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2021.07.16 トリーター:笠川

2021/07/16 1/100から74/100


ジェリーフィッシュライダー、再展示開始しました。
6月19日にふ化したオオバウチワエビのフィロゾーマ幼生です。
すでに 4回脱皮を経て、第 5期フィロゾーマ幼生になっています。
見やすいサイズかと思います。

前回展示していたウチワエビのフィロゾーマ幼生は、同じ時期には最後の 1個体(ラストライダー)になってしまっていましたが、今回はなんと 74個体も生存しています。
1/100から74/100は、大きな進歩だと思います。
運だけではなく、着実に再現できるようになっています。少し自信がつきました。

乗り物も今回は、クリサオラ・プロカミアを与えてみました。
面白いことに、触手が赤いクラゲを与えると、フィロゾーマ幼生の頭胸部が赤く色付きます。
クラゲにとりついている姿はまるで小さなお花が咲いたようでとても綺麗です。
しばらくすると消えてしまうので、実際に見られるかはわかりませんが、必見です。写真で撮影すると、細部までよ~くわかります。



赤い触手を食べると、このようになる。ということは、青い触手を食べるとどうなるか。
カツオノエボシでぜひ見てみたい。カツオノエボシがたくさん集められたら、試してみます。南風よ、吹け~。

残り 74個体が何個体、ガラスエビになって、稚エビになるかはわかりませんが、最後まで気を抜かず頑張ります。
ちなみに、前回展示に出ていたラストライダーは、7月7日に無事、ガラスエビから稚エビとなり、現在はバックヤードのクラゲ生産室で過ごしています。
またどこかに登場する予定ですのでお楽しみに。


関連日誌
[ 2021/06/12 ラストライダー、大変身!? ]
[ 2021/05/30 さらばラストライダー!?そして新たなステージへ! ]
[ 2021/05/21 祝6回目 ]
[ 2021/05/10 祝 5回目 ]
[ 2021/05/01 祝 4回目 ]
[ 2021/04/29 ラストライダー ]
[ 2021/04/23 ガラスの馬車に乗って、再登場!? ]
[ 2021/03/28 約3年ぶり(飛び込み日誌) ]

クラゲサイエンス





見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!