2022年02月07日
トリーター:藤田

ウツボ好きトリーターのウツボの話 9

こんにちは、藤田です。
みなさん、いきなりですが“えのすい”に最近じわじわとある変化が起こっているのですが、お気づきでしょうか??

実は最近、少しずつ“えのすい”で展示しているウツボの種類が増えてきているんです!!
この日誌を読んでくださっている方の中には既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんね。
各トリーターが担当の水槽のウツボをトリーター日誌やHPの新着生物のコーナーで紹介してくれているので、ちょっと情報収集をしないと全種のウツボの把握が難しいですよね。
今回はそんな新入りウツボたちも含め、 “えのすい”で暮らすウツボ全種類を紹介したいと思います!!
全部で何種類か分かりやすいように番号を振っていくことにしましょう。
さすがに全種類紹介となるとかなり長くなってしまいますので今回は種ごとの詳しい紹介の部分はサクッといきたいと思います。

まずは相模湾大水槽に暮らすウツボたちです。

1, ウツボ Gymnothorax kidako

いわずと知れたウツボの代表種、「ウツボ」です。
相模湾でも最も普通に見られる種で、ウツボ=黄色と茶色のしま模様というイメージを持つ方も多いかと思います。
私も一番好きなウツボで以前の日誌でも語りましたが、特に顔と尻びれがおすすめポイントです。
今回は正面顔をお届けします!


2, トラウツボ Enchelycore pardalis

オレンジ色の体と、目のちょっと前についている後鼻孔(ちょんちょんと生えた角みたいなところ)が特徴的なトラウツボです。
顎が湾曲しており、口を完全に閉じることができないため鋭い歯がよく見えます。
発色に個体差があって、オレンジ色が強い個体もいれば、茶色味の強い個体もいます。


3, オキノシマウツボ Gymnothorax ypsilon

白っぽい体に茶色の縞模様が連続しているオキノシマウツボです。
深場に暮らす深海性のウツボで、相模湾でも釣り上げられた記録があるようです。
普段は正面からは見えない大水槽の左隅の方、ネコザメたちがよく休んでいる場所で暮らしています。
なので、ちょっと観察難易度の高い魚です。
たまーに住処の外に出て泳いでいることがありますので、オキノシマウツボを見つけられた方はラッキーです!!


4, ミゾレウツボ Gymnothorax neglectus

茶色っぽい体に黄色い斑点が特徴のミゾレウツボです。
深海性のウツボで水深 200mくらいまで生息しています。
相模湾でもしっかり生息が確認されていて、“えのすい”で暮らすミゾレウツボは、「地先の海の漁師さんの罠に入り込んだウツボをいただいたところミゾレウツボでした」というパターンでやってきました。
相模湾記録はあったものの、なかなかお目にかかれないレアな存在だと思っていただけに、漁師さんに「ウツボ入ったらください」とお願いしてからわりとすぐに連絡がきて、本当にミゾレウツボがやってきた時はかなり驚きました。
大水槽のミゾレウツボはオキノシマウツボと同じところにいることが多く、観察難易度が同じくちょっと高いです。
この後で紹介しますが、実はミゾレウツボ観察チャンスはもう1箇所あるのでぜひそちらも探してみてください!


5, ユリウツボ Gymnothorax prionodon

大水槽の新入りはこちら!ユリウツボです!
以前大下トリーターが日誌[2021年11月13日 まだまだ見えにくいウツボ]で紹介していましたね。
昨年惜しまれつつも閉館した京急油壺マリンパークからやってきた個体です。
茶色い体に淡い白い斑点模様がとてもきれいです。
口の中に模様は無く茶色一色なのも特徴です。

続いて沿岸水槽で暮らすウツボたちです。
沿岸水槽のウツボたちはほとんど私の以前の日誌で紹介しているので軽く紹介するに留めておきましょう。


6, アミウツボ Gymnothorax minor

“えのすい”で現在一番数の多いアミウツボです。
ぎゅうぎゅうに詰まっている姿がとっても可愛いです。
先日、「えのすい釣り部」の花上トリーターが釣りをしている時になにかウツボを見たそうで、写真を見せてもらったところアミウツボでした。
ウツボは顔だけ出している時と全身見えている時の印象がかなり違いますよね。


7, サビウツボ Gymnothorax thyrsoideus

目がとってもキュートなサビウツボです!
この癒し系のかわいさに、ウツボをあまり知らなかった人でもサビウツボのファンになったと聞くことがあります。
昨年は関東地方での観察例もちらほらありましたが今年はどうでしょうか。
今からとっても楽しみです。


8, コケウツボ Enchelycore lichenosa

スマートな吻先(ふんさき)が特徴のコケウツボです。
トラウツボと同様に顎が湾曲しているため、口を閉じても隙間ができています。
その隙間から鋭い歯が見えていてかっこいいですね。

そしてここで 4, のミゾレウツボ再登場です!

ここはアミウツボたちのいる水槽の3つ隣の水槽です。
実は深い海の水槽ということで、大水槽の個体より若いミゾレウツボが暮らしています。
トリノアシとミゾレウツボのツーショット、いえ、ウッカリカサゴもいるのでスリーショットですね!
今はまだ岩の裏側に隠れてしまっていることも多く、ちょっとレアキャラです。
実際順路通り進むなら大水槽より先に来る水槽なので、ぜひミゾレウツボ観察チャレンジしてみてください!

最後は太平洋ゾーン暖かい海の水槽で暮らすウツボたちです。


9, モヨウキカイウツボ Scuticaria tigrina

キカイウツボ亜科に属するウツボの仲間で、これまで紹介したウツボ科に属するウツボの仲間と決定的に違う点があります!
それは、写真では見えていませんが背びれと尻びれが尾端の方に寄っているんです。
これはキカイウツボの仲間の特徴で、モヨウキカイウツボも見ての通り背中がつるんとしています。


たいてい岩の後ろに頭を隠していますがこんな感じで体側は見えていることが多いです。
顔をしっかり観察することができるかは…運次第です。


10, ゼブラウツボ Gymnomuraena zebra


名前の通りシマウマのような模様をしたゼブラウツボです。
とにかく模様が目立ちますが、顔が丸っこくて吻がかなり短いのも特徴です。
その他にも、背びれが低いことや肛門の位置が体の後ろの方にあることなど、特徴だらけのウツボです。


ゼブラウツボも岩の後ろに隠れていることが多いのですが、見ていると意外とこんな感じで頭を出していることもあります。
岩の隙間は要チェックですよ!


11, クラカケウツボ Gymnothorax rueppelliae


黄色い頭と体のはっきりとしたしま模様が特徴的なウツボです。
クラカケウツボは水槽内ではまだ日中に姿を見ることはほぼありません。
(上の写真はバックヤードで暮らしていた時に撮ったものです。)
野生のクラカケウツボも、夜はサンゴの隙間から顔を覗かせているところによく遭遇したのですが昼間はいくら探しても全然見つけられませんでした。


水槽の中ではたーまに岩の後ろから顔を出してます。
見つけられた方は超ラッキーです。


12, ドクウツボ Gymnothorax javanicus


“えのすい”で一番大きいウツボはこのドクウツボです。
ウツボの仲間の中でも最大級に大きくなる種類で、全長2.5m以上にもなります。
トロピカル水槽でいつもどっしり構えてくれています。
鰓孔(えらあな)の周りが黒いのが特徴です。
頭の部分と比べると、尾の方はまだら模様が大きくなっています。

というわけで、2022年2月7日現在“えのすい”には12種類のウツボが暮らしています!
現在日本で確認されているウツボ科魚類は65種なので、まだ2割弱といったところです。
意外と多いと思いましたか?それとも少ないと感じましたか?
今後も“えのすい”のウツボ展示を盛り上げていきたいと思います。

そして、ここからは番外編です。
2, で紹介したトラウツボですが、おまけで先月のテーマ水槽で展示していた小さいトラウツボもちょこっとだけ振り返って紹介したいと思います。
2022年の干支は「寅」ということで、先月の1月24日までのテーマ水槽ではトラにちなんだ生き物たちを紹介していました。

主役はもちろん!トラウツボです!!


このサイズのトラウツボ、なかなか見る機会はないと思います。
大人の立派なトラウツボは美しくカッコいいですが、こーんなにちっちゃい姿だとかわいさ100%です!
体に対して模様が大きく見えるのも小さい頃ならではです。
初めてのテーマ水槽担当で色々なトラブルに直面し常にてんやわんやでドタバタしていましたが、心強い先輩方のおかけで何とか無事に終了することができました…。
いつも支えてくださる方たちへ感謝の気持ちで一杯です。

気付けばかなりの長文になってしまいました。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました!
それではみなさんもぜひ“えのすい”でよきウツボライフをお楽しみください!

バックナンバー
2020/07/17 ウツボ好きトリーターのウツボの話
2020/09/09 ウツボ好きトリーターのウツボの話 2
2020/10/09 ウツボ好きトリーターのウツボの話 3
2021/01/17 ウツボ好きトリーターのウツボの話 4
2021/02/01 ウツボ好きトリーターのウツボの話 5
2021/07/09 ウツボ好きトリーターのウツボの話 6
2021/07/09 ウツボ好きトリーターのウツボの話 7
2021/10/13 ウツボ好きトリーターのウツボの話 8

相模湾ゾーン

RSS