• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2018.04.06 トリーター:杉村

2018/04/06 伊豆諸島海域調査航海(4)
航海日誌 4日目(最終日)
AM 6:00、ここは東京湾?!

東京湾に到着
東京湾に到着
期間:2018年4月3日~4月6日
場所:伊豆・小笠原弧
目的:伊豆諸島海域の海丘内熱水域生物群集の栄養生態と代謝の解明


4月5日 18:00、ハイパードルフィン(HPD)の潜航調査終了、揚収後、本船「新青丸」は走り出していました。
調査海域の天候が悪化するとの予報のため、早めにこの海域から離脱しました。
初日の航行と同じように、船底が海面の白波を叩く音が響きます。
初日より少々激しい感じでした。
船が揺れるたびに水槽の中の水も大きく左右にチャプン、チャプンと動きます。
サンプリングした生物たちが心配で、時折研究室にセットした水槽の中を覗いてはホッとする夜を過ごしました。

そして今日、朝になってみれば既に東京湾でした。
研究室から外の甲板へ出てみると、海上に大型タンカー、遠くにはうっすらと房総半島の山々が見えました。
早いですね、一晩で小笠原から 200km程を走ったんですね!!
それでも東京湾の風は強く、新青丸はゆったりと大きく揺れてました。

船内では、東京湾まで逃げてきたものの JAMSTECに着岸できるかどうか、はっきりしない状況でした。
研究者の皆さんも、下船できるのかどうか情報待っていました。
私もサンプリングした生物を、出来ることなら早く研究用に環境の整った水槽に移したいと思っていましたが、なかなか状況が定まりません。
そんな中、キャプテンの決断のおかげもあり、新青丸は JAMSTECに着岸するとの情報が船内に流れました。
直ぐさま、水族館へ連絡をして生物だけでも搬送してもらうことができました。

私はというと、船内の水槽の片付けや一緒に乗船している研究者の方との実験や他のサンプルの処理のため、もう一晩船に残ることになりました。

今回の伊豆・小笠原海域の調査航海は、天候の悪化から日程が半分になってしまい、非常に残念でしたが、自然相手の調査ですから HPDが潜航出来なかったり、日程を繰り上げたりといったことはそれほど珍しくは無いことです。
私も過去の調査航海で、2週間海上にいても半日位しか調査が出来なかったこともあります。
その時の航海に比べれば、今回は乗り合わせた 2つの研究グループがそれぞれ 1回ずつの潜航調査で、最低限の目的を達することができたことは、とても良かったです。

明日は、朝早くに下船を予定しています。
早く水族館へ戻って、生物たちのようすを見たいです。
そして、明日からは持ち帰った生物たちの飼育研究が始まります。
楽しみでもあり、同時に研究へのプレッシャーを感じます。

研究のようすなどをトリーター日誌で、また伝えられたらと思っています。
よろしければ、今後はそちらもチェックしていただければと嬉しいです。
本日まで航海日誌にお付き合いいただき、ありがとうございました。

この場を借りまして、本航海にご一緒させていただいた研究者の皆さん、新青丸の船員の皆さん、ハイパードルフィン運航チームの皆さん、JAMSTECの皆さんに御礼申しあげます。


片づけた飼育道具


夜のJAMSTEC岸壁に停泊する新青丸


本調査は、「東京大学」が東京都から特別採捕の許可を得て行っているものです

JAMSTEC(海洋研究開発機構)KS-18-3 「伊豆諸島海域の海丘内熱水域生物群集の栄養生態と代謝の解明」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


2018.04.05 トリーター:杉村

2018/04/05 伊豆諸島海域調査航海(3)
航海日誌 3日目

チムニー(○部分が「ユノハナガニ」)
チムニー(○部分が「ユノハナガニ」)
期間:2018年4月3日~4月6日
場所:伊豆・小笠原弧
目的:伊豆諸島海域の海丘内熱水域生物群集の栄養生態と代謝の解明


調査航海3日目、天候は良し、風と波は少々有りますが潜航調査可能です。
・・・ですが、明日の朝 9時にはこの調査海域は強い風に見舞われるとの情報あり。
そのため、昨日より1時間半ほど前倒ししての調査開始です。

本航海には 2つの研究課題のグループが乗船しています。
昨日は私の参加しているグループの潜航でしたが、今日の潜航は本航海を取り仕切る首席研究者のグループの潜航日です。
潜航場所はそれほど変わらず、熱水の噴き出るチムニー群に棲息している生物の調査です。
白く立ち並んだチムニーの中から調査にちょうど良いものを探して海底を探索していきます。

今日は、そんな調査の対象になるチムニーに集まる深海生物を 2種類ほど紹介しましょう。

まずは、チムニーの表面に巣を作って生活している「イトエラゴカイの仲間」です。
大きさが 1cm程度の小さなゴカイの仲間で、びっしり集まって集団で生活しています。
体前部には花飾りのようなエラがあり、じっと見ていると妙に愛らしい生き物に見えてきます。
巣から出すと、あっという間にみんなが寄り集まって大きな団子状になります。
広い深海の海底でどのようにしてピンポイントで熱水の噴出するチムニーを見つけられるのでしょうか。
とても不思議な生き物です。
熱水噴出域で特異的にみられる、熱水と周囲との温度差や噴出されるガスなどが関係しているかも知れませんね。
とても興味深いですね。

そして、熱水噴出域の生物といえば大きさが 5cmを優に超える大型甲殻類「ユニハナガニ」です。
今回の調査でも、ほぼ必ずチムニーで観ることが出来ました。
ユノハナガニは、深海生物でありながら自分から熱水の近くに好んで集まってくる不思議なカ二です。
熱水を温泉に見立て「ユノハナ」がその名の由来にもなっています。
深海で観察していると、イトエラゴカイがほとんど移動しないのとは対照的に、チムニーの周囲を頻繁に移動しています。
大型の個体はそれぞれの縄張りでもあるかのようにある一定の間隔で散らばっています。
大型の個体同士が出くわすと、その大きなハサミでケンカをするようすも観察されました。
えのすいでは、繁殖までもう一歩まで飼育が可能で、彼らの繁殖生態について研究を続けています。
深海生物の繁殖を行う事は、その知られざる生活史を知る大きな手がかりになります。
私たちは飼育研究を行うことで生態の解明を行いたいと考えています。

間もなく、ハイパードルフィンの潜航調査が終了します。
これからまた、サンプル処理で第 2研究室は慌ただしくなっていきますが・・・
どうやら、明日からの強い風のため、今日の潜航が最後という情報も・・・。
どうなってしまうのでしょうか?!

さて、明日は!!
気がかりですが、今日はここまで。
では、また明日。


イトエラゴカイの仲間


仕事中の私(日誌書いてます)


本調査は、「東京大学」が東京都から特別採捕の許可を得て行っているものです

JAMSTEC(海洋研究開発機構)KS-18-3 「伊豆諸島海域の海丘内熱水域生物群集の栄養生態と代謝の解明」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


2018.04.04 トリーター:杉村

2018/04/04 伊豆諸島海域調査航海(2)
航海日誌 2日目

小笠原の海に潜航を始めるハイパードルフィン
小笠原の海に潜航を始めるハイパードルフィン
期間:2018年4月3日~4月6日
場所:伊豆・小笠原弧
目的:伊豆諸島海域の海丘内熱水域生物群集の栄養生態と代謝の解明


今日は調査航海2日目、天候は良し、海上はやや風はあって揺れるものの潜航は可能です。
朝早くから潜航調査の準備が始まっています。
 6:00 潜航準備開始
 7:00 朝食
 7:30 ハイパードルフィン(HPD)の作業確認
 8:00 作業前ミーティング
 8:15  HPDの吊り上げ
 8:20 着水
 8:30 潜航開始
といったスケジュールでHPDは小笠原の海に消えていきました。

調査地点の水深は約 1,300mで、海底までは 1時間ちょっとの道のり。
海底までの間、HPDのコントロールルームのメインモニターを見ていると、思っていたよりも海中の懸濁物が多く、生き物ではクラゲの仲間に多く出くわしました。
その多くは、長細い姿の管クラゲ類のようでした。
そうこうするうちに予定時間より 10分遅れて、海底に着底です。

着底後、しばらくは泥と岩が続く荒涼とした海底が続き、極まれにイソギンチャクとソコダラの仲間が見えるだけでした。
50年程まで深海に生物は何も棲息していていないといわれていたのがよく分かるような気がしました。

その後、小さな山脈のようなチムニーが見えましたが、それは既に熱水が噴出していない「デッドチムニー」といわれる黒いチムニー群でした。
ん~、残念。
さらに進むと、白い海底がパッチ状に見え始め、さらにその奥には白く立ち並ぶ熱水の噴出するチムニー群を見ることが出来ました。
熱水にはメタンや硫化水素などが含まれ、それらをエネルギー源とするバクテリアが熱水の噴出するチムニーにまとわりつくように白いマット状のコロニーを形成しているので、活動中のチムニーは白くなっています。
この白いバクテリアマットが調査の目印になります。

白いチムニーをアップで観察すると、熱水噴出口の周辺にはとても小さなウロコムシやゴカイの仲間、少し離れた上にチムニーにはフジツボの仲間にあたるネッスイハナカゴの1種が数多く付着しています。そして、周囲にはシチヨウシンカイのコロニーが形成され、コロニーの隙間には大小のユノハナガニがもぞもぞと動いていました。
先程の荒涼とした海底とは実に対照的です。
熱水噴出域の豊かさを感じました。

今回は、このチムニーに棲息している特に小さな生物たちの調査が目的です。
どのような種類の生物が棲息し、どのような生活をしているのかを調査します。
乗船している研究者の皆さんはHPDに搭載させた最新の機器を駆使して、それぞれの研究を行っています。
研究の内容によっては、潜航後直ぐに揺れる船内で実験を行わなくてはならない事は普通で今日も夜遅くまで、皆さん研究室にこもっています。
私も研究用の生物サンプルの管理の傍らで、乗船中は研究のお手伝いをしています。

今日は特にトラブルもなく、潜航調査を無事終えることが出来て良かったです。
久しぶりに見る小笠原の海底は、とてもアクティブでした。
そして、自然の豊かさや凄さを改めて感じた調査でもありました。
さて、まだまだ船上での実験は続きます。
研究のお手伝いをしつつ、また明日からの調査や実験に備えたいと思います。

少々長くなってしまいましたが、本日の日誌はここまで。
明日も無事潜航出来ることを祈って。
では、また明日。


我々が常に居る第2研究室


本調査は、「東京大学」が東京都から特別採捕の許可を得て行っているものです

JAMSTEC(海洋研究開発機構)KS-18-3 「伊豆諸島海域の海丘内熱水域生物群集の栄養生態と代謝の解明」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


2018.04.03 トリーター:杉村

2018/04/03 伊豆諸島海域調査航海(1)
航海日誌 1日目

出航を待つハイパードルフィン
出航を待つハイパードルフィン
期間:2018年4月3日~4月6日
場所:伊豆・小笠原弧
目的:伊豆諸島海域の海丘内熱水域生物群集の栄養生態と代謝の解明


皆さん、こんにちは!
約2年ぶりの新青丸の調査航海に参加しています。
※前回は相模湾の初島沖でした。

この日誌を綴っている今は、小笠原諸島海域へ黒潮を南に向けて横切って航行中です。
結構揺れています!!
船内では、まっすぐにはちょっと歩けない感じで、廊下の手すりを伝いながら移動しています。
時折、バシャッ!ドーン!という海面が船底を叩く音が響き、ハイパードルフィンの設置してある外の甲板は、打ちつける波で常に海水にさらされているといった状態です。
調査海域までの航行中は、いつもながらよく揺れるものです。

さて、少し時間は遡りますが、JAMSTEC横須賀本部を出航して間もなく「操練」を行いました。
これは、非常事態に備えた避難訓練ですね。
大きな食パンみたいな救命胴衣を首に装着して、コンパスデッキといわれる新青丸の一番上の甲板に集合です。
ちょっと不格好ですが、海に投げ出されても必ず首だけは海面に出るという優れもの・・・
なのですが、首の短い私には少々苦しいかも・・・。
これから向かう調査海域は見渡す限り海面しか見えない場所ですから、使い方をしっかりマスターしなくては。
その後、食堂で船内生活のレクチャーを受けて、いよいよ船内での作業開始です。

乗船者は皆、明日からの調査の為の準備に取りかかります。
研究者の皆さんは、ハイパードルフィンで調査を行う機器の調整や搭載場所の確認を運航チームと甲板で行っています。
私はというと、水族館から持ち込んだ水槽や冷却機器、水温測定器などを徐々に揺れ始める船内で作業を行います。
新青丸は大型の冷蔵サンプル室が研究室の下の階にあるので、冷却用の海水を運ぶのはなかなかの重労働です。

夕方には何とか大方の作業を終えることができました。

さて、今回は小笠原の海底の熱水噴出域での調査です。
小笠原の調査航海は6年ぶりで、久しぶりにどのような海底が待っているか、とても楽しみです。
ちょっとドキドキしています。

明日からの調査に備え、早めに休むことにします。
では、・・・また明日。


見送りにきてくれたJAMSTECの皆さん



甲板に打ちつける波


本調査は、「東京大学」が東京都から特別採捕の許可を得て行っているものです

JAMSTEC(海洋研究開発機構)KS-18-3 「伊豆諸島海域の海丘内熱水域生物群集の栄養生態と代謝の解明」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-